watermelon 生産量日本一!熊本産すいか

熊本産すいかとは?

熊本県は、スイカの生産量日本一で、その歴史は古く、
一説によると戦国時代頃から栽培していたという
話も伝わっています。

県内には優良な産地が多く点在しており、
中でも、ここ植木町とその近隣の地域は、
全国でも有数のすいかの産地として
広く知られています。
“スイカといえば植木”、“植木といえば
スイカ”と言われるほどの
有名ブランド産地です。

熊本のスイカといえば昔は大玉が殆どでしたが、
近年では小玉スイカも人気が高く、多く生産しています。

栽培方法と熊本特有の気候

熊本産のスイカは、そのほとんどがビニール
ハウスで栽培されています。
高い温度と強い光を必要とするスイカは、
南国九州熊本の、強い太陽の恵みを受けて、
ビニールハウスの中でさらにその光と熱を吸収し
甘〜く育ちます。
さらに熊本は盆地特有の気候で寒暖差が大きい
事も、美味しいスイカが育つ要因となっています。

熊本すいかの旬について

スイカは夏の果実というイメージがありますが、熊本産のスイカは、
3月~6月にかけて「春すいか」が旬を迎えます。
そして10月~12月にかけては「秋すいか」が出荷の時期を迎えますので、
ほぼ一年をとおして、美味しいスイカをご堪能いただけます。

熊本産スイカの旬カレンダー
大玉スイカと小玉スイカ

大玉スイカの特徴

  • 011つの株に1玉だけしか成らせない
    (当店の出荷者さんの作り方です)
  • 02すいか本来の香りと
    シャリシャリとした食感です。
  • 03食べごたえ抜群の大きさ!

小玉スイカの特徴

  • 011つの株に2玉だけしか成らせない
    (当店の出荷者さんの作り方です)
  • 02糖度が高く、皮が薄い(果肉は少しやわらかめ)
  • 03食べきりサイズで人気!
    冷蔵庫にまるごと入れられるサイズ感です!

「スイカ」と一口に言っても、大枠でも『小玉すいか』と『中玉すいか』、それに『大玉スイカ』の3種類があり、その中でもたくさんの品種のスイカが出荷され、新しい品種もどんどん生まれています。

すいかの里植木では、実際にいろいろなスイカをご購入いただけます。

ちょっと変わったスイカの食べ方

簡単!スイカのシャーベット

①種を取り除いたスイカを一口大にカットします。

②スプーンなどで軽く潰してからパッドに入れ
はちみつやレモンを適量(お好みで)混ぜて
冷凍庫で冷やします。

③1時間ほどで固まりだすので、一度取り出して
よく混ぜます。

④さらに2時間程凍らせたら完成!
練乳などをかけて食べても美味しいです!

この機会に是非お試しください。

ネット注文も受け付けております。
詳しくはこちらへ→

道の駅 すいかの里 うえき

駐車場(24H)
小型車99台/大型車7台 収容可能
身障者用 2台
(EV充電施設設置済)

〒861-0136
熊本県熊本市北区植木町岩野160-1

電話番号:096-272-2333
屋内施設・営業時間:09:00~18:30

トップへ戻る